Top> 安全情報 > 野外の危険生物の生態と対処法

野外の危険生物の生態と対処法

  • 2014年9月15日 21:05
  • 安全情報

先月30日、NPO法人地域と行政を支える技術フォーラム主催の勉強会がありました。
埼玉県生態系保護協会の主任研究員さんの講演を拝聴しました。
演題は「屋外の危険生物 生態と対処法」です。
現場調査で山に行きます。労働災害やリスクアセスメントで、とても勉強になりました。
1.スズメバチの話:日本産大型スズメバチは6種類いるそうです。黒いものや匂いの強いものを攻撃するそうです。秋は十分注意が必要です。
2.アナフィラキシーショックの話:アナフィラキシーは、発症後、極めて短い時間のうちに全身性にアレルギー症状が出る反応です。ハチに刺されたことのある人は、アナフィラキシーショックの検査を受けた方がよいそうです。
3.毒蛇の話:マムシやヤマカガシの生態を勉強しました。
4.毒のある両生類:カエルやイモリには、強い皮膚毒を持つ種類がいるそうです。
5.毒のある毛虫の話:刺されたところは、ガムテープで毒毛針を抜きます。
6.ダニ、ヒルの話:マダニに咬まれたら迷わず医者に行きましょう。
7.山に行くときの服装は、長袖、長ズボン、帽子、長靴です。僕らは安全靴が多いです。
8.虫よけ、ヒルよけスプレーは、「ディート入り」を持って行きましょう。
9.虫刺されの塗り薬は、「抗ヒスタミン剤含有」の軟膏がよいそうです。
10.毒液を流す水や毒を吸い出す「ポイズンリムーバー」を携行しましょう。
これから現場に行く機会が多いです。
現場での事故は労災になります。
安全対策の手順を守り、事故にあわない対処をしてください。

トラックバック:0

TrackBack URL for this entry
http://www.ecomac.co.jp/mt/mt-tb.cgi/252
Listed below are links to weblogs that reference
野外の危険生物の生態と対処法 from 株式会社エコマック トピックス

コメント:0

Comment Form

Index of all entries

Top> 安全情報 > 野外の危険生物の生態と対処法

カテゴリ
アーカイブ
購読
Powerd By

Return to page top