Top> 資格情報アーカイブ

資格情報の最近のブログ記事

新たな資格制度

  • 2012年3月23日 06:23
  • 資格情報

品質管理に関する新たな資格制度ができました。
平成24年3月1日、国土交通省発表記事です。

「国土交通省は、直轄工事で第三者を活用した新たな検査体制を構築する方針を固めた。施工者と契約した第三者が、従来よりも頻度を高めた現場確認を通じて出来形や品質をチェックした上で、発注者と施工者の両者に品質証明を行う仕組みを想定。これによって、発注者は出来高部分払いに必要な検査を簡略化でき、施工者も結果として出来高部分払いを受けやすくなる。2012年度下半期から数工事程度を選んで試行を始める。将来的には全工事を対象としていく方針だ。
 直轄工事の品質検査をめぐっては、施工段階での検査頻度を高め品質向上につなげる「施工プロセスを通じた検査」をこれまで試行してきたが、受発注者からは業務負担の増加を指摘する意見が数多く寄せられていた。このため国交省は、品質確保に向けた新たな検査体制の在り方を29日に開いた「直轄事業の建設生産システムにおける公共事業の品質確保の促進に関する懇談会・生産性向上部会」に示した。
 新方式では、原則として発注者がすべて担ってきた検査業務のうち、給付の検査に必要な出来形・品質の確認を、施工者と契約した第三者に委ねる。発注者は給付の完了確認を行う際、第三者からの品質証明書を活用することで負担を軽減できる。破壊検査や合否判定はこれまで通り発注者が担う。工事成績評定に使う技術検査も発注者が実施する。一定規模以上の工事で施工者に求めていた「品質証明制度」は廃止する。
 第三者の役割は「施工者の品質確保の証明」と位置付ける。具体的には工事の施工状況(施工体制の確認を含まない)、出来形、品質の確認とする。当面は週1~2回程度、現場に足を運んで確認していくが、情報化施工が一般化すれば、得られた現場管理データで確認できるように効率化する。
 第三者の要件は、施工プロセス検査で品質検査員に求めた資格(技術士、一級土木施工管理技士、二級土木施工管理技士など)に加え、技術者としての経験が20年以上あり、国交省発注工事の監理技術者・主任技術者、または総括監督員・主任監督員・技術検査官を務めた経験があることを想定。国交省が認めた資格認定機関が第三者の資格を認定する。
 試行に当たっては、発注者が第三者をあらかじめ用意しておき、その業務内容や費用は工事特記仕様書に明記する。品質証明内容の適合性や品質確保の有効性、受発注者、第三者の施工管理での効率性などを検証した上で、適用対象の拡大や本格運用につなげていく考えだ。」

引用:建通新聞社

RCCM資格取得支援1

  • 2011年4月 2日 05:41
  • 資格情報

 昨年11月、(社)建設コンサルタンツ協会よりRCCM資格制度の改定のお知らせが届きました。
1.従来は、RCCM を登録する場合『建設コンサルタント登録している企業および個人のもとで勤務していること』が必要でしたが、この要件を廃止し、個人でも登録することができることになりました。
2.従来は、RCCM には指導を受ける「技術管理者」または「技術士」を特定する必要がありましたが、この規定を廃止しました。
3.RCCM 資格試験を受験する際に必要とする業務の実務経験年数を、従来の年数よりそれぞれ3年短縮することとしました。
(この制度改定は、平成22 年12 月1 日より運用)

 「建設コンサルタント会社に所属していない」、「指導技術士が近くにいない」などで受験しなかった方も受験できるようになりました。更に、実務経験年数が短縮になり、大卒13年が大卒10年で受験できます。
 今まで諦めていた方。今年は挑戦してみて下さい。
 5月には平成23年度の試験案内が発表されると思います。昨年度を参考にして下さい。

<平成22年度の日程>
 受験申込販売:平成22年6月14日(月)~ 7月23日(金) (一部1,000円)
 申込受付期間:平成22年7月1日(木)~7月31日(土)
 受験料金:15,000円
 試験実施日:平成22年11月14日(日)
 合格発表日:平成23年3月1日(火)

<平成22年度の試験内容>
「問・Ⅰ」... 受験する専門技術部門における自己の業務経験
「問・Ⅱ」... 業務関連法制度、技術者倫理及びその他建設一般
「問・Ⅲ」... 業務遂行のための業務管理技術力
「問・Ⅳ」... ① 土木関連共通基礎技術知識、
       ② 受験する専門技術部門の専門技術知識
試験時間: 10:00 ~ 17:15(12:00~12:55は昼食時間)

<平成22年度の問題>
H22問題Ⅰ.pdf
H22問題Ⅱ.pdf
H22問題Ⅲ.pdf
H22問題Ⅳ.pdf

<平成22年度の合格率>
 受験者数:5,497人
 合格者数:1,572人
 合格率:28.6%

 合格に向けて頑張ろう!

next archives

Top> 資格情報アーカイブ

カテゴリ
アーカイブ
購読
Powerd By

Return to page top