Top> コンサルタント情報: 2011年4月アーカイブ

コンサルタント情報: 2011年4月アーカイブ

日本のミネラルウォーター

 我が国のミネラルウォーターの生産量は、2006年が180万KL、2010年が210万KLでした。
 このうち山梨県では、2006年が71.1万KL、2010年が62.5万KLが生産されています。全国生産量のうち2006年が約40%、2010年が約30%が山梨県産となります。これは、全国トップの生産量です。
 全国2位は静岡県です。2006年が17.7万KL(9.3%)、2010年が38.4万KL(18.3%)です。
 全国3位は鳥取県です。2006年が3.2万KL(1.8%)、2010年が29.3万KL(14%)です。
 2006-2010の伸び率は、全国117%、山梨87.9%、静岡217%、鳥取915%です。

引用先
ミネラルウォーター都道府県別生産量の推移.pdf
日本ミネラルウォーター協会HP
 
 ちなみに、2010年4月に完成したサントリー白州工場は、年間生産能力3600万ケースです。1ケースは500mlペットボトル24本換算なので、生産量は43.2万KLとなります。山梨県の生産量(2010年)の70%に相当します。
 関連HP

Top> コンサルタント情報: 2011年4月アーカイブ

カテゴリ
アーカイブ
購読
Powerd By

Return to page top